<<Main > 2005年10月 >>

青の炎 −貴志祐介

2005/10/31
約三週間のご無沙汰です。前回、起きたらセカチューのレビューの続きを書くと申告してから寝たのですがついさっき起きたばかりなので吃驚しました。まさか三週間も眠りっぱなしだったとは・・・。

さぁ、あんまり嘘をつくと天国にいけなくなりそうなので冗談はこの辺に留めておいて今日は読書レビュー。嵐の二宮和也主演で映画化もされた『青の炎』です。映画の方は観たことないのですが正直『どぉーせ、ジャニーズ主演だし地雷だろうなぁ。あややも出てるみたいだし原作もつまらないんじゃねぇのぉ(ザッツ偏見)』といった考えから抜け出せんでした。そんな風に映画のイメージに流されて原作を読む機会を逸していたのですが、今回映画を観た友人に勧められたこともあり、手に取りました。

・・・いやぁ食わず嫌いは良くないよね。
完全に私の負けです。一日で読んでしまいました。まぁ私は大抵の本は一日で読むので面白いことの証左にはならないんですけど。


−以下引用−
秀一は湘南の高校に通う17歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹の三人暮らし。その平和な生活を乱す闖入者がいた。警察も法律も及ばず話し合いも成立しない相手に秀一は自らの手で殺害することを決意する。


主人公の秀一は好青年。普通に同じクラスにいたら友達になれただろうなぁと思わせる普通の十七歳。優しい母と明るい妹、気になる女の子に楽しいクラスメイト。そんな平凡だが温かい日常に影を落とす闖入者が現れたことで彼は悩み奔走し、元の日常を取り戻そうとするのですがそれも叶いません。
彼は闖入者の殺害を決意しました。
ただしそれは完全犯罪でなくてはなりません。彼が捕まってしまえば、後に残された母と妹には世間からの厳しい目が向けられることになるからです。彼は家族のために完全犯罪を志向したのです。
私は誰かのためというのは結局は自分のためだと思っているので彼がどんな理由をつけようが『殺したいから殺した』ことには違いないのですが、その彼の様が切なすぎます。作中に彼とは関係のない部分でスタンドアローンという言葉がでてくるのですが、私にはそれが彼を表現する上で一番適切な言葉なのではないかと思います。
完全犯罪を志向するのですから当然といえば当然ですが彼は独りで何でもしようとします。家族を守るための彼の孤独な戦いはどういった結末を向かえるのか。それは自身で読んでみて下さい。お薦めです。

↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。