<<Main > 2005年08月 >>

夏休みの少年

2005/08/24
夏休み中に台風が来ると切ないですよね。どうせなら学校が始まってからとか思ってしまいます。ケムリです。

昨夜の報道ステーションで速報として宮城県の中学三年生が警官を刃物で刺して、拳銃を奪おうとしたという事件を報道していました。刺された警官の方は重傷。
そして犯行の動機が『警官を殺して拳銃を奪い、拳銃で自殺するつもりだった』というものでした。

あれ?

そんなに自殺したければその刃物で自殺すれば良くないですか? それとも拳銃の方が刃物より楽に死ねるとでも思ったのでしょうか。仮にそうだとしましょう。その場合少年は刃物では死にたくなかったということになります。そして拳銃を手に入れれば自殺する決意が固まるとでも思ったののかもしれません。
しかし実際の処、私はとてもそうだとは思えません。刃物を前にして自殺する決心がつかなったのなら、拳銃を前にしてもそれは結局同じことではないでしょうか。ソーダが飲めないのならサイダーだって飲めないでしょう。それは所詮同じものなのですから。
さて、もし仮にこの仮定が合っていた場合、少年は刃物では死にたくなったのに、その刃物で人を殺すことは厭わなかったことになります。どうにも納得のいかない話しです。

↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。