<<Main >>

青の炎 −貴志祐介

2005/10/31
約三週間のご無沙汰です。前回、起きたらセカチューのレビューの続きを書くと申告してから寝たのですがついさっき起きたばかりなので吃驚しました。まさか三週間も眠りっぱなしだったとは・・・。

さぁ、あんまり嘘をつくと天国にいけなくなりそうなので冗談はこの辺に留めておいて今日は読書レビュー。嵐の二宮和也主演で映画化もされた『青の炎』です。映画の方は観たことないのですが正直『どぉーせ、ジャニーズ主演だし地雷だろうなぁ。あややも出てるみたいだし原作もつまらないんじゃねぇのぉ(ザッツ偏見)』といった考えから抜け出せんでした。そんな風に映画のイメージに流されて原作を読む機会を逸していたのですが、今回映画を観た友人に勧められたこともあり、手に取りました。

・・・いやぁ食わず嫌いは良くないよね。
完全に私の負けです。一日で読んでしまいました。まぁ私は大抵の本は一日で読むので面白いことの証左にはならないんですけど。


−以下引用−
秀一は湘南の高校に通う17歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹の三人暮らし。その平和な生活を乱す闖入者がいた。警察も法律も及ばず話し合いも成立しない相手に秀一は自らの手で殺害することを決意する。


主人公の秀一は好青年。普通に同じクラスにいたら友達になれただろうなぁと思わせる普通の十七歳。優しい母と明るい妹、気になる女の子に楽しいクラスメイト。そんな平凡だが温かい日常に影を落とす闖入者が現れたことで彼は悩み奔走し、元の日常を取り戻そうとするのですがそれも叶いません。
彼は闖入者の殺害を決意しました。
ただしそれは完全犯罪でなくてはなりません。彼が捕まってしまえば、後に残された母と妹には世間からの厳しい目が向けられることになるからです。彼は家族のために完全犯罪を志向したのです。
私は誰かのためというのは結局は自分のためだと思っているので彼がどんな理由をつけようが『殺したいから殺した』ことには違いないのですが、その彼の様が切なすぎます。作中に彼とは関係のない部分でスタンドアローンという言葉がでてくるのですが、私にはそれが彼を表現する上で一番適切な言葉なのではないかと思います。
完全犯罪を志向するのですから当然といえば当然ですが彼は独りで何でもしようとします。家族を守るための彼の孤独な戦いはどういった結末を向かえるのか。それは自身で読んでみて下さい。お薦めです。

↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

世界の中心で、愛をさけぶ

2005/10/07
私の通っている学校には何故か秋休みなるものがあるため、ここ数日家でぬくぬく休んでいたのですが、残念ながら明日、というか今日から学校です。なので今の気分はまるっきり日曜日のそれです。
ならどうしてサザエさんがやってないんですか!
木曜日だからですね。ケムリです。

レンタルするとすぐ観るのに、録画しておいた映画にはなかなか手が伸びないのはどうしてでしょうか。先日この疑問を友人にぶつけたところ、『お前がダルシムじゃないからだろ』と文の後半しか聞いていなかったとしか思えない答えが返ってきました。日本語難しい。
生来の天の邪鬼である私はメジャなものよりも少しマイナなものに惹かれる性格なため、セカチューブームの頃には全く興味無しでした。ただ原作である小説の方は読んでいたのでいつかは映画の方も観てみようと思っていたのです。
それでこの間の放送の時ばっちり録画はしておいたのですが前記の通り何故かすぐは観る気にならず放置していたのですが今日突然観る気を起こし、観ることにしました。
で、これから感想をつらつら書こうと思ったのですが、夜だし眠いので寝ます。
感想は明日。あっでもそうするとこのタイトル関係無さ過ぎますかね。でもそうなるとどういうタイトルにしたらいおやすみ。

↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

チャーリーとチョコレート工場

2005/10/05
約一月のご無沙汰、申し訳ありませんでした。帰ってきたケムリです。
学校が二期制だったため、一学期の最終月である九月に作品提出が重なることは分かっていたのですが、如何せん作業ペースが追いつきませんでした。

さて、何事も無かったかのように映画レビューいきます。今回はティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演、ロアルド・ダール原作で話題の『チャーリーとチョコレート工場』です。これがホント、








すっげー面白い。








思わず語調が変わってしまうぐらい面白かったです。今年見た映画の中ではダントツ。というか今までに観た映画の中でも相当上位です。上映中、私、顔にやけっぱなし。内容はブラックユーモアに属する感じ。原作のダールの作品(私は未読です)を評する言葉で『不思議な味』というのを良く耳に、あるいは目にするのですがこの映画を観て納得できました。なんとも言えない世界があります。
文句なしにお薦めです。カップルでも家族連れでも友達とでも楽しめることでしょう。

↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

ブックバトン

2005/09/01
箱助さんから人生初バトンが回ってきました。ケムリです。しかもブックバトンですのよ、奥さん。あ〜ら貴方にうってつけじゃないのぉ。ケムリさぁん。

さぁ良い感じにテンションが腐ってます。

【1.持っている本の冊数】
これはなかなか難しい質問です。大ざっぱに見積もると500〜1000冊ぐらいだと思います。小ざっぱに見積もると700〜900冊ぐらいでしょうか。300冊ぐらいまではカウントしていたのですが、それ以降は数えてないので全く見当がつきません。小説とマンガの割合は多分7:3で小説優位です。

【2.読みかけの本or読もうと思っている本】
読もうと思っているのは京極夏彦の『邪魅の雫』。なんでも今月発売だそうです。あぁ待ち遠しい。

【3.最後に買った本】
小説では西尾維新の『ネコソギラジカル』。
マンガでは森薫の『エマ』6巻。
分類不明では鳥山石燕の『画図百鬼夜行全集』
最近は小説よりもマンガが先行しています。

【4.特別な思い入れのある本、心に残っている本(5冊まで)】
A・クリスティ『オリエント急行殺人事件』
塩野七生『ローマ人への20の質問』
森博嗣『すべてがFになる』
北村薫『スキップ』
桜場コハル『みなみけ』

オチがついたところでこのバトンは友人のshow君とタッカンに渡しておきます。
気が向いたら書いて下さい。




↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

夏の終わり

2005/08/31
最近知ったのですが、選挙候補の人が朝、駅前とかで演説をすることを『朝立ち』と言うそうです。そうですか。朝立ちですか。



〜本当にあるかもしれない選挙候補同士の会話〜


『今朝オレ朝立ちしちゃったよぉ〜』


「元気だなお前」




はい、ケムリです。


今日は8月31日。夏休みの命日です。何故か毎年この日に夏休みの命の灯火が尽きてしまいます。もっと頑張って欲しいです。
しかし中にはもっと早くに夏休みがお亡くなりになってしまった不幸な学校も存在します。
葛飾区内の全ての公立中学校では既に25日から新学期が始まっています。学力向上のために夏休みを一週間の削減したそうです。というか夏休みって区ごとき(失礼)の権限で削減できるものなんですね。

↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

PRIDE GP2005決勝戦

2005/08/30
『男ん中の男ぉ、決めようやぁー!』
この台詞だけは真似すると何故か似るケムリです。あとTRICKの上田教授の『トリックだよ! トリック!』も似ます。他は似ません。劇的に物まねの範囲が狭いです。

さてミドル級とヘビー級の王者が同じマットで決まりました。28日の出来事です。
準決勝は以下の二試合。

○ マウリシオ・ショーグン VS アリスター・オーフレイム

○ ヒカルド・アローナ VS ヴァンダレイ・シウバ

そうです。シウバが負けました。あのシウバが負けました。それもかなり一方的な試合でした。終始アローナペースであったことは間違いありません。一体何人の観衆がその早すぎる敗北を予想していたでしょうか。正直私は全く眼中にありませんでした。

そして、決勝。

○ マウリシオ・ショーグン VS ヒカルド・アローナ

これもある意味番狂わせと言えるかもしれません。アローナVSシウバを事実上の決勝と見ていた人たちは度肝を抜かれたことでしょう。シウバが負けたアローナがショーグンに負けました。ちなみに私がよそ見している間にアローナ動かなくなっていました。

そしてもう一つの、決勝。

○ エメリヤーエンコ・ヒョードル VS ミルコ・クロコップ

良い試合でした。ミドルの試合が霞むぐらいに良い試合でした。双方共に総力を挙げた戦いでしたが、ヒョードルが上になる展開が続き、ミルコは体力を奪われ中盤から終盤にかけて動きに精細を欠きました。矢張りヒョードルは強い。私の周囲の事前予想では『ヒョードルが勝だろうけどミルコに期待したい』という意見が大半を占めていました。私も同じ気持ちで見ていたのですがヒョードル盤石でしたね。
曙はどうしてPRIDEに来ないのだろうとずっと疑問に思っていたのですが今日やっとこの疑問に答えが見つかりました。


オープンフィンガーグローブであの世界一出来てない身体を痛めつけられたら、





曙殺されます。




↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

ケムリの断り方講座

2005/08/29
『街中で浮く』って絶対ほめて無いですよね。ケムリです。







B00005EL6M.09.LZZZZZZZ.jpg







ほら、浮いた。







順調にいけば九月末に誕生日を迎えるであろう私は今回の衆議院選挙には投票できません。なんだか微妙に悔しいです。私の友人は早速、大学の先輩に『○○党って分かるかなぁ?』と勧誘されたそうです。選挙の風物詩ですね。にこにこ。
しかし相手がこういった親しい知り合いの場合きっちり断ることはなかなか難しいのかもしれません。試しにどういった返答をすればキレイに断ることができるかを考えてみました。



@『さぁ、よく分からないので・・・』
これではいけません。『じゃあボクが教えてあげるから』となるか『勉強会があるからおいで』と言われるのがオチです。考え得る最悪なあしらい文句だといえるでしょう。



A『もう誰に投票するか決めてるので・・・』
これは一見良さそうですがいけません。相手は善意で勧誘しているので、他の候補者に投票するなんて言うと必ず『ここで更正させなくては』と奮い立ち説得を開始することでしょう。拘束される時間は何気に一番長い気がします。



B『最初からそこに投票するつもりです。それじゃあ』
発想の転換です。もう断りません。これには相手も感謝してその場は引き上げていくことでしょう。しかし同時にその後も同族意識を持たれるという諸刃の剣!! 素人にはお勧めできません。



C『又吉イエスって知ってますか?』
これもある意味逆転の発想と言えるでしょう。又吉信者なフリをして下さい。そして逆に唯一神『又吉イエス』の素晴らしさを教えてあげましょう。相手も流石に分が悪いと判断して帰って行くはずです。



D『I don't speak Japanese!!』
これで煙に巻けるぐらいなら勧誘してこないと思います。



E『ワタシ国籍違うんで無理デス』
これで煙に巻けるぐらいな(略)



F『クリリンのことかぁー!!!』
サイヤ人になれば勧誘にも負けません。



G『どうもーハードゲイでーす』
ハードゲイになれば世間の冷たい視線にも負けません。






まっ、そういう人には会わないのが一番です。

↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

ノロイ

2005/08/27
帰宅途中、信号のない横断歩道で渡れずにイライラしていた時に台連続で同じ会社のタクシーが通過していった時には軽い殺意を覚えました。ケムリです。

今日は久しぶりに映画を見てきました。和製ホラー作品『ノロイ』です。サイトなども凝っていたので、面白さよりも怖さに期待して見に行きました。
私がそのために出かけていた時間を皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。『猫の恩返し』見ていましたか?そうですか。私もそうしてれば良かったです。

あらすじは次のようなもの。ストーリー序盤に超能力があるという少遜が失踪。その間にも次々と人が死んでいきそれは禍具魂(かぐたば)という鬼に近しい存在が関与したものであり、それを追いかける、というホラーとしては割とベタな展開でした。
しかしこの『ノロイ』それだけでは終わりませんっ!主人公とも呼べる怪奇実話作家、小林雅文が協力を仰ぐ『最強の霊能力者』が登場するのですっ!
その名は堀光男。その出で立ちからして最強。服や帽子にアルミホイルを貼り付けてます。その甲斐あってか動く度にくしゃくしゃして非常にうるさいです。しかしそれには理由があります。彼はその装備によって霊体ミミズという宇宙からの来訪者からその身を守っているのです。えっと、ここまで読んでお分かりかとは思いますが彼、ゆんゆんした電波を受信してしまっているようです。隣家の住民からも『彼はキ×××だ』とのコメントが寄せられています(きっと『彼はキリストだ』だと思います)。
正直、映画館は彼の登場以後、方々から押し殺したような笑いが聞こえてくるというホラー映画を見る現場としては最悪の環境に。

もうね、ホラー台無し。

というかホラー形無し。

映画の終盤でも彼が精神病院に収容されたというテロップが入ると客席からは一様に『やっとか』といった吐息が漏れてきました。もうこの頃になると全員ホラーを見ている気は無かった気がします。場の空気がコメディーを見ているそれです。




えっと、面白かったです。

↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

自己分析

2005/08/25
騒音業界のニューカマーっ!!という書き出しで記事書こうと思っていたのですが見事にネタが友人とかぶりました。そっか。『お裾分けおばさん』っていうんだアノ人。お兄さんそれは初耳だったよ。ケムリです。

書くことが無くなってしまったので自分のことでも話そうかと思います。

私は何事もすぐに飽きて投げてしまう性格です。今まで続いたものと言えばせいぜい、呼吸、まばたき、蜜柑の白い筋をキレイに取る、ぐらいなものです。逆に続かなかったものは幾多もあり、習い事、早起き、健康、お付き合い、杉田かおるの結婚、森政権など枚挙に暇がないといった感じです。
飽きたので今日はここまで。

↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

夏休みの少年

2005/08/24
夏休み中に台風が来ると切ないですよね。どうせなら学校が始まってからとか思ってしまいます。ケムリです。

昨夜の報道ステーションで速報として宮城県の中学三年生が警官を刃物で刺して、拳銃を奪おうとしたという事件を報道していました。刺された警官の方は重傷。
そして犯行の動機が『警官を殺して拳銃を奪い、拳銃で自殺するつもりだった』というものでした。

あれ?

そんなに自殺したければその刃物で自殺すれば良くないですか? それとも拳銃の方が刃物より楽に死ねるとでも思ったのでしょうか。仮にそうだとしましょう。その場合少年は刃物では死にたくなかったということになります。そして拳銃を手に入れれば自殺する決意が固まるとでも思ったののかもしれません。
しかし実際の処、私はとてもそうだとは思えません。刃物を前にして自殺する決心がつかなったのなら、拳銃を前にしてもそれは結局同じことではないでしょうか。ソーダが飲めないのならサイダーだって飲めないでしょう。それは所詮同じものなのですから。
さて、もし仮にこの仮定が合っていた場合、少年は刃物では死にたくなったのに、その刃物で人を殺すことは厭わなかったことになります。どうにも納得のいかない話しです。

↓良かったらクリックお願いします↓

人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。